04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
編集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
編集
無線LAN
LinuxでAOSSの自動設定は出来ませんが、
AOSSが設定済みのルータと、WLI-UC-Gを使って、無線でネットに接続できました。

synaptic で ndiswrapper をインストールします。
(synaptic で ndisgtk をインストールして、
 「システム」ー「システム管理」ー「Windows Wireless Drivers」を選び、
 「新しいドライバーのインストール」で netsg54.inf を指定して
 インストールできるかもしれません。(未確認))
WLI-UC-Gの付属CDにあるドライバーのファイルを(フォルダごと)コピーし、
driver/U2SG54HP/Win2000 フォルダ内で、
$ ndiswrapper -i netsg54.inf でインストールします。
$ ndiswrapper -l(エル) で確認して、
$ sudo depmod -a します。
$ sudo modprobe ndiswrapper して、
$ sudo ndiswrapper -m します。

AOSS機能を使用して無線親機の暗号化設定がされている場合 でAOSSの設定を確認します。

「システム」ー「設定」ー「ネットワークの接続」ー「無線」ー「追加」で、
SSIDにWEP128のSSIDを入力、
モードは、「インフラストラクチャー」のままに、
セキュリティは、「WEP 40/128-bit キー」に、
鍵は、WEP128の暗号化キーの1行目(26文字)を、
認証は、「オープンシステム」のままで、「適用」すると接続できました。

再起動した後は、再度 $ sudo modprobe ndiswrapper すると
無線でネットできるようになりました。

AOSS利用時のUbuntu Linux設定 | 君のてのひらから

ubuntuでUSB無線LAN
スポンサーサイト
未分類トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
ブログ内検索
ブログ内検索(fc2)
リンク
おすすめ
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。