10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
編集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
編集
Ubuntu 9.04 インストール
ubuntu日本語 Remix CDをダウンロードしてインストールします。日本語セットアップヘルパも入ります。

フォルダ名を英語の名前に変更します。($ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update)
Ubuntu日本語フォーラム / ディレクトリ名が変更しても元に戻ってしまいます

無線LAN
FireGestures
Easy DragToGo
_blank なリンクカーソルを変更
flash player

「システム」ー「設定」
「キーボード」のリピート・キーの間隔を少し短めに。
「SCIM入力メソッドの設定」を開き、Shift+Spaceで日本語入力になるようにします。
「システム」ー「システム管理」ー「ログイン画面」で自動ログインを有効にします。

「ホーム・フォルダ」を開き、設定で「アイコン表示の既定値」を66%に。

端末を右クリックしての「プロファイルの設定」で、「黒地に緑色文字」に、少し透明に、メニューバーを非表示に。

背景を変更します。Waiting For Sunset GNOME-Look.org
外観の設定で「クリアールックス」にして、アイコンをTangerineにします。

xubuntu-desktop を入れて、Usplashテーマをusplush-theme-xubuntuにします。
ログイン画面のテーマを変更します

学習辞書の復元 .anthy フォルダごと復元
leafpad
zshインストール .zshrc復元(alias他) .zsh_history復元
(zshを使わない人は .bashrc にaliasを設定します)

cronのログを有効にする
Ubuntu/cronでスクリプトを回そう - TOBY SOFT wiki cronの設定
AquaPlace.comブログ | Ubuntuでの、cronのlogの場所

vim
Emacs
conky
nautilus-open-terminal
ファイルのプロパティの「開き方」をGVimに。

個人的なメリット
Windowsの領域を簡単にマウントできます。Windowsの領域にファイルをコピーできます。
外付けHDDも簡単にマウントできます。ファイルをコピーできます。
コーデックが簡単にインストールできます。
Plaggerがインストールできました。

個人的なデメリット
Linuxの領域を消してインストールするとちょっと時間がかかりました。
PCが悪いのかサスペンドから復帰してしばらく(1時間後とか)するとフリーズしてしまいます。
スワップ領域を確保しても変わらず。
k9copyでリッピングしようとするとメモリ使用率が100%近くになってリッピングできません。

Ubuntu 8.10 リリース | Ubuntu Japanese Team

Ubuntu 8.10 Intrepid Ibexを使う
スポンサーサイト
未分類トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
編集
link


Perler な Blog を列挙祭り - antipop
XOXO
未分類トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
編集
無線LAN
LinuxでAOSSの自動設定は出来ませんが、
AOSSが設定済みのルータと、WLI-UC-Gを使って、無線でネットに接続できました。

synaptic で ndiswrapper をインストールします。
(synaptic で ndisgtk をインストールして、
 「システム」ー「システム管理」ー「Windows Wireless Drivers」を選び、
 「新しいドライバーのインストール」で netsg54.inf を指定して
 インストールできるかもしれません。(未確認))
WLI-UC-Gの付属CDにあるドライバーのファイルを(フォルダごと)コピーし、
driver/U2SG54HP/Win2000 フォルダ内で、
$ ndiswrapper -i netsg54.inf でインストールします。
$ ndiswrapper -l(エル) で確認して、
$ sudo depmod -a します。
$ sudo modprobe ndiswrapper して、
$ sudo ndiswrapper -m します。

AOSS機能を使用して無線親機の暗号化設定がされている場合 でAOSSの設定を確認します。

「システム」ー「設定」ー「ネットワークの接続」ー「無線」ー「追加」で、
SSIDにWEP128のSSIDを入力、
モードは、「インフラストラクチャー」のままに、
セキュリティは、「WEP 40/128-bit キー」に、
鍵は、WEP128の暗号化キーの1行目(26文字)を、
認証は、「オープンシステム」のままで、「適用」すると接続できました。

再起動した後は、再度 $ sudo modprobe ndiswrapper すると
無線でネットできるようになりました。

AOSS利用時のUbuntu Linux設定 | 君のてのひらから

ubuntuでUSB無線LAN
未分類トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
編集
はがきデザインキット
design
先にAirをインストールします。

年賀状デザインキットをダウンロードしてダブルクリックしてインストールします。
Adobe AIRトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
編集
動画プレイヤー
y901x01.tar.gz をダウンロードして展開して、$ python y901main.py で起動します。
動画が再生できました。

動画プレイヤーを作る
未分類トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
ブログ内検索
ブログ内検索(fc2)
リンク
おすすめ
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。